2014年10月27日~10月31日 豪ドル円 為替予想(見通し)

TOP画像

2014年10月27日~10月31日 豪ドル円 為替予想

10月20日~10月24日の豪ドル円為替相場は、1.60円と大幅な円安になりました。
週の始まりから一貫して円安方向に向かい、その週の最高値である、95.28円を記録したのも
金曜日の10月24日でした。
10月20日の始値93.55円から10月24日の終値95.15円と、一気に95円の壁を突き破ったのですが、今後更なる円安に進むのでしょうか。

では、10月27日~10月31日の豪ドル円の見通しです。

ぱっと見テクニカルは強い円安と予想

ぱっと見テクニカルでは、今後1週間の為替レートに一番近いのは
一致率92%で、2014年8月20日からという直近の為替レートでした。

それによると、ぱっと見テクニカルでは珍しく週の始めから終わりまでずっと円安が続いているため、強い円安と予想できます。

かんたんトレナビの為替予想

かんたんトレナビ(1時間足)は弱い円高
5つのテクニカル指標からサインが出ていますが、
売りサインがボリンジャーバンドとストキャスティクス、RSIの3つで、
買いサインが単純と指数の2つの移動平均です。
総合判断は、青のバーが赤のバー寄りも少し長く、弱い円高(売り)と予想できます。

かんたんトレナビ(日足)はぱっと見テクニカルと同様強い円安
買いサインのみが3つ発生しました。
その3つは、移動平均(指数)、ボリンジャーバンド、ストキャスティクスとなっています。
総合判断は、赤のバーしか表示されていないため、強い円安(買い)と予想できます。

総合判断は円安

為替予想ツール 予想
ぱっと見テクニカル 強い円安
かんたんトレナビ(1時間足) 弱い円高
かんたんトレナビ(日足) 強い円安

2対1で円安予想のほうが多いため、総合判断は円安(買い)とします。



為替予想法

自分で為替予想

米雇用統計で為替予想



Copy Right FX為替予想S Co.,Ltd.
運営者情報