2014年10月27日~10月31日 ポンド円 為替予想(見通し)

TOP画像

2014年10月27日~10月31日 ポンド円 為替予想

10月20日~10月24日のポンド円は、1.66円の円安でした。
それまでは4週連続で円高になっていたのですが、その流れが止まった形です。
週の始めはそれほど相場が動かなかったのですが、中盤に大きな円安に向かいます。
この大きな円安を維持したまま後半を終えた形です。

この値動きは、他の欧州の通貨ペア、ユーロ円、スイスフラン円とほぼ同じです。

この円安は、今回だけでしょうか。それとも次回も続くのでしょうか。
では、 各予想ツールの10月27日~10月31日のポンド円見通しを確認してみます。

ぱっと見テクニカルは様子見の予想

ぱっと見テクニカルでは、今後1週間の為替レートに一番近いのは
一致率88%で、2014年2月14日(バレンタインデーですね!)という直近の為替レートでした。

それによると、始めから終わりまで方向感がなく、様子見と予想できます。

かんたんトレナビの為替予想

かんたんトレナビ(1時間足)は弱い円高
前週と引き続き3つのテクニカル指標でサインが発生しました。
このうち、買いサインは前週と同様移動平均(指数)のみで、ボリンジャーバンドとストキャスティクスは売りのサインとなっています。
総合判断は、青のバーが赤のバーより若干長く弱い円高(売り)と予想できます。

かんたんトレナビ(日足)は弱い円安
こちらも前週と同じく7つ全てのテクニカル指標にサインが発生しています。
売りのサインが4つに対して、買いのサインが3つと差がそれほどなく、拮抗しています。
総合判断において、赤のバーが青のバーより若干長く、弱い円安(買い)と予想できます。

総合判断は様子見

為替予想ツール 予想
ぱっと見テクニカル 様子見
かんたんトレナビ(1時間足) 弱い円高
かんたんトレナビ(日足) 弱い円安

全ての指標でバラバラの予想になったため、総合判断は様子見とします。



為替予想法

自分で為替予想

米雇用統計で為替予想



Copy Right FX為替予想S Co.,Ltd.
運営者情報