2014年12月15日~12月19日 ポンド円 為替予想(見通し)

TOP画像

2014年12月15日~12月19日 ポンド円 為替予想

12月8日~12月12日のポンド円は2.48円の大幅な円高でした。
ポンド円は7週連続の円安相場になっていましたが、これでその流れが止まった形です。

月曜日から木曜日にかけて円安が進んでいき、特に木曜日(12月11日)は184.96円というその週の最安値を記録しています。
その後は若干円高に進み、終値は186.74円となりました。

この円高に反転した相場を全ての予想ツールが予想的中させています。
この7週連続円安からの円高を当てるあたり、感情が入らないテクニカルツールの凄さを感じさせてくれます。

今週も円高傾向は続くのでしょうか?
では、 各ツールの12月15日~12月19日のポンド円見通しを確認してみます。

ぱっと見テクニカルは弱い円高予想

ぱっと見テクニカルのチャートでは、今後1週間の為替レートに一番近いのは
一致率93%で、2014年1月8日の為替レートです。

それによると、週の始めから後半にかけて円高に向かっていますがその後若干の円安に進みます。そのため、弱い円高(売り)と予想できます。

かんたんトレナビの為替予想

かんたんトレナビ(1時間足)は様子見
6つのテクニカル指標全てでサインが発生しています。
このうち、買いサイン、売りサインとも同数の3つです。
総合判断は、青のバーと赤のバーの長さが同じで、様子見とします。

かんたんトレナビ(日足)は強い円高予想
こちらはボリンジャーバンド、ストキャスティクス、RSIの3つのテクニカル指標にサインが発生しています。
そして、サインが発生したテクニカル指標は3つとも売りサインです。
総合判断は青のバーしか表示されておらず、強い円高(売り)と予想できます。

総合判断は円高予想

為替予想ツール 予想
ぱっと見テクニカル 弱い円高
かんたんトレナビ(1時間足) 様子見
かんたんトレナビ(日足) 強い円高

今週のポンド円マーケットは円高予想のほうが多いため、総合判断は円高(売り)とします。



為替予想法

自分で為替予想

米雇用統計で為替予想



Copy Right FX為替予想S Co.,Ltd.
運営者情報